妊娠妊娠した体にとても大切な栄養素が葉酸です。
赤ちゃんの成長には必要な栄養素でさらに造血作用もあります。
女性の月経前症候群にも効果的でストレスを軽減してくれたり非常に重要な役割があります。
とても素晴らしい栄養素なのですとりすぎには体の負担が大きいです。
多く摂取してしまうと葉酸過敏症という症状になり、蕁麻疹や高熱や呼吸障害等の状態になります。
また、亜鉛の吸収率の低下やビタミン12欠乏症の発見が遅くなってしまいます。
呼吸不全や神経症状で歩行困難、四肢の痺れ等があります。
1日の妊婦の推奨量は480?です。
この量を越えなければ大丈夫です。
水と熱を使用した料理で栄養が50パーセント失われるので食べ物から摂り入れることでしたら過剰摂取になることは ないので安心して食事をすることができます。
食事通常の食事で栄養をとることは問題ないのですがサプリメントを飲むことで1日の推奨量を超えてしまうので 注意が必要です。
サプリメントは内科でもらうことができるのですが近場のドラッグストアでも購入することができ、市販のものでも 十分に栄養を摂ることができます。
葉酸の推奨量を守れば赤ちゃんの二分脊椎症という障害を70パーセント減らすことができます。
この二分脊椎症は赤ちゃんの運動機能と知覚が麻痺し悪影響を及ぼします。
この症状になってしまったら脳神経外科もしくは小児外科できちんとした手術を行う必要があります。
そうなる前に推奨量をしっかり守り、体のケアをする事が大切です。