赤ちゃん赤ちゃんを授かりたくてもなかなか授からず、不妊に悩むご夫婦は多くいらっしゃいます。
そんな不妊の原因は様々ですが、調査によると女性側における原因の一つはホルモンバランスの乱れにより子宮の準備が整わないことです。
そのため受精をしても受精卵が子宮内膜に着床できず、妊娠に至らないのです。
そんな状態を改善し、着床率をアップさせることができるのが葉酸です。
この栄養素は妊娠中に推奨される成分ですが、妊活中にも摂取することで体内の状態を整えることができます。
まず葉酸を摂取すると、子宮内膜の細胞分裂を促進し、増殖させることができます。
妊娠それにより内膜がフカフカに厚くなるため、受精卵を着床しやすくする効果があります。
さらに子宮内膜の血流を良くする効果もあります。
お母さんからお腹の赤ちゃんには血液を通じて栄養が届けられます。
そのため子宮内膜の血流が良くなると、着床後の成長を促し、妊娠を持続させることができます。
このように葉酸には子宮の状態を改善し、着床率をアップさせることができます。
しかし、毎日必要量を食事から摂ろうとすると大変です。
栄養のバランスはもちろん、毎日きちんと続ける必要があるので、食事からだけでは補えない場合があります。
そこでおすすめなのがサプリです。
服用も簡単なので続けやすく、外出先にも携帯できるので毎日必要量を摂ることができます。
赤ちゃんを望むなら普段からサプリを利用して、体内の状態を整えることをおすすめします。