子ども正常な細胞の育成や遺伝子の異常を予防できる働きがある葉酸は、妊娠中の女性が摂っておくべき栄養素として薦められています。
お腹に胎児がいる時に摂っておくと赤ちゃんに先天性異常や神経性異常が出るのを防げる効果がある栄養素ですが、逆に生まれてくる子供に小児喘息を起こしてしまう原因にもなるものなどです。
積極的に摂っていた人とそうでない人を比べてみると、積極的に摂っていた母親から生まれた子の方に圧倒的に喘息の症状があるというデータが確認されています。
そうなってしまったのには、母体が過剰に葉酸を摂りすぎてしまったことが関係しています。
胎児のために良いからと母体が必要量以上を摂ってしまうと、胎児の健康にリスクを負わせてしまうのです。
お腹の中にいる赤ちゃんを元気に育てるには、ある程度の摂取は必要です。
子供に病気が出ないようにするためにも、量は守って飲むようにします。妊娠初期は少々摂取しすぎても、胎児の体が作られる時期ですので影響は心配ありません。
後期になると規定量以上の摂取は禁物です。
後期の期間にたくさん摂ると、小児喘息にかかる確率が上がりやすくなります。
お腹に子どもがいる女性が摂って良いとされる葉酸の成分は、1日で400μgとされています。
量を守って摂るには、サプリメントで飲むことがおすすめです。
1日の目安が分かりやすく、摂りすぎないよう注意ができます。
サプリメントは体への吸収率も良いので、食べ物よりもよく吸収できます。