妊娠妊娠をすると摂取を推奨される成分が葉酸です。
これはビタミンB群の一つで、細胞分裂やDNAの合成に関与する栄養素です。
では何故この栄養素が推奨されているのかというとお腹の赤ちゃんを障害から守ることができるからです。
赤ちゃんの中には生まれつき脳や神経系に障害を持っている子がいます。
そんな症状として挙げられるのは無脳症や二分脊髄などです。
無脳症は脳の発達が十分でないため、生きていく上での生命活動が困難で余命が限られてしまいます。
また、二分脊髄の場合は生まれつき歩くことができなくなってしまいます。
子どもそのような障害は妊娠中に葉酸を摂取することで予防できることが、今までの調査から分かっています。
そのため妊婦さんに推奨されているのです。
では、いつから気をつければいいかというと、妊娠がわかった早めの段階からです。
赤ちゃんの脳や神経系は初期の段階で形成されます。
そのため早い段階から必要量を摂ると赤ちゃんを障害から守ることができます。
しかし妊婦さんにとって、初期は様々な身体の変化や体調変化が現れます。
それらの症状として代表的なのが吐き気といったつわりです。
つわりがあると食事もきちんと食べられない場合があります。
そんな時に役立つのがサプリです。
臭いも味もないのでつわり中でも毎日きちんと飲むことができます。
また携帯していけるので外出の際も持って行き、必要量を摂ることが簡単にできます。
体調が悪い時でもきちんと葉酸を摂るならサプリがおすすめです。